パラリンピックの閉会式が終了し東京オリンピック、パラリンピック2020が終わった。年配の方もだが、世界中の若きアスリートたちの競演に大きな感動と勇気をもらった人は多かったのではないだろうか。
 当初心配された新型コロナウイルスの感染拡大に懸念が募ったが、現時点では今大会の直接の起因による感染拡大は取り沙汰されていない。厳しい外出規制で、アスリートや関係者の選手村からの脱出は、ほぼ無かった。彼らにしてみれば少なからず注目され興味津々の東京に来たのに、食べ歩きやちょっとした交友すらかなわず、さぞかし残念だったことだろう。
 今大会は当初からさまざまな不祥事や変更が強いられ、日本の今を垣間見せてくれることにもなった。新型コロナウイルスによる1年の延期は、4年間を目標にしてがんばってきた多くのアスリートにとって、簡単には受け入れにくく予想外のチャレンジだったろう。国立競技場のデザインの白紙撤回と大幅変更、エンブレムデザインの盗作騒ぎ、東日本大震災の犠牲者への配慮を欠いた五輪相の辞任、女性軽視発言を端に発した組織委員会会長の辞任、開会式の演出統括者による差別的発言による辞任、開会式音楽担当者の過去の障害者いじめ発覚。挙げ句の果てには、メダルをかじった市長まで出現。オリンピック精神を前にどう頭を上げられるのかと思える失態を目の当たりにさせられた。
 こうした不祥事と予想を超え快挙を遂げた多くの日本人アスリートの活躍からは、今の日本の社会状況があぶり出されているようにみえる。未来を担う日本の若年層への不信感や憂いを少なからず持っていたが、その実力を世界に示すことができる若者がまだ数多くいることによろこびを感じる。
 それに反し、時代の変化に乗り遅れ、意識の変革を迫られても「どう変わらなければならないのか」すら認識できない年配層が、日本社会の重要な部分でいまだ陣取りを続ける権力構造も見えた。
 無気力、無関心などと言われてきた若者たちだが、大多数はそうではなく、日本の将来もまんざら悪くはないのかもしれない。少なからず心配していた日本の未来にもうひとつ、ともしびがともった。【清水一路】

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です