12月は日米開戦日が来る。1941年(昭和16年)12月8日、日本軍がハワイ真珠湾攻撃と対米英宣戦布告により太平洋戦争の火蓋を切った。4年後の1945年8月15日、ズタズタに破滅状態の日本国は無条件降伏により敗戦。僕は戦中生まれだが戦争も終戦直後の焼け跡や混乱の日々も記憶は無い。終戦4年後の春、満6歳での小学校入学の頃から微かな記憶が始まる。その頃は東京も至る所に米軍爆撃の跡や戦争の傷跡が残っていた。親の世代には復興が始まりつつも苦労に満ちた日々だったはずだ。
 戦争を振り返る書物が多数出版され戦中生まれの僕らはそれらを読み成長した。大戦で軍民合わせ日本人の死者数は約300万人。僕らの成長期は国民が戦争はもうコリゴリ、二度とご免だの心情で復興のため必死に生き働く時代だった。終戦当時平均寿命50歳だった日本は戦後76年の現在女性は世界一の約88歳、男性は2位の約82歳。
 今、大戦に散華した軍人たちの遺書を書物で読んでいる。平穏な時代に生きる者として平和の大切さを痛感し二度と戦争は避けねばの思いで遺書の一つを紹介する。
 戦艦大和に海軍第二艦隊司令長官として乗艦し昭和20年4月7日海上特攻隊として沖縄へ向かう途上米軍機の猛攻を受け沈没、戦死した伊藤整一海軍中将、享年55が妻ちとせへ向けた遺書。
 『此期に臨み 顧みると吾等二人の過去は幸福に満てる者にて 亦私は武人として重大なる覚悟を為さんとするとき 親愛なる御前様に後事を託して何等の憂なきは 此の上もなき仕合せと衷心より感謝致居候 
 御前様は私の今の心境をよく御了解なるべく 私は最後迄喜んで居たと思われなば 御前様の余生の淋しさを幾分にてもやはらげる事と存じ候 心から御前様の幸福を祈りつつ 愛しき最愛のちとせどの』
 愛する妻への思いを胸に武人として出撃時に残した遺書。多くの軍人が愛する妻や家族への思いを抱き海に山に散って行った。これら遺書を前に非戦の思いは痛切に深い。
 今回はわが最終稿。本稿で私の執筆はちょうど満10年完了。切り良く今回を卒業稿とし「磁針」を辞去します。10年にわたり本欄を提供していただいた羅府新報に深謝。読者の皆様には拙文を長年お読みいただき感謝申し上げます。皆様のご健勝とご多幸を祈念し擱筆(かくひつ)。東京にて。【半田俊夫】

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。