Posted in磁針

磁針:いつかは凪(なぎ)に

【中西奈緒】 来る日も来る日もグラフを見ていておかしくなっているのか、葛飾北斎の富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」が重なってくる。大きな波がザブーンと富士山を、いや、日本全体を丸ごとのみ込もうとしている、そんなイメージだ。 実 […]