Posted inJapaneseコミュニティー特集記事

動画制作・配信し、自宅でお盆 :亡き父に思い馳せ

 この夏、オレンジ郡仏教会の「Obon at Home」を発案したケイティー・イケモトさんのアイデアは、昔のお盆を写した家族のビデオテープに端を発した。「子供だった自分たちが手をバタバタさせて動きまわり、小さな妹が走り回っているのを見て、大笑いするしかなかったの」と、ヨーバリンダ高校に通うケイティーさん(17)は言う。それはケイティーさんが小2の年のビデオだった。母のテイコさん、そして2人の妹と、ビデオを見ながら笑い、思い出話に花が咲いた。しかし、その時ケイティーさんの心には、明らかに別の大きなひらめきが宿っていた。【川本ジョン、訳=長井智子】