Sorry for the inconvenience.
Our website is currently
under construction.
Many new features coming soon!

Posted inJapanese特集記事

星港(シンガポール)の街かどで ⑬:在シンガポール日本大使館参事官 伊 藤 実 佐 子

 建国51周年を迎えた8月、リー・シェンロン首相は所信表明演説中に目まいをおこして中断して退席したものの、1時間後に復帰して演説を続けた。シンガポールは多民族・多宗教・多言語国家だから、年に一度の国政方針を語るのに、首相はまずは中国語で、その次にマレー語で、最後に英語で全てをこなすには4時間弱かかる。通訳なし、首相自らの独壇場である。