Posted inJapanese磁針

ベラクルスで第九

 コントラバスがうねりのある低音でメインメロディーを奏で始めた。目の前の60人ほどのオーケストラは第3楽章まで、タイトにまとまったすばらしい演奏を奏でてくれた。ベース・ソリストの歌が間もなく始まり、我々のコーラスがそれに続く。  ロサンゼルスに40年ほど住んでいたのに一度も訪れたことのなかったメキシコ。