Posted inコミュニティー

判事の住居提供命令に衝撃:トリウミ・プラザは対象外

 3月に、小東京の路上で3人のホームレスが遺体で発見された。花も賛美歌もなく、ただ悲しみと無力感に押しつぶされそうだった。薬物の過剰摂取によって死亡した1人の男性は、1街のアイソ通り駐車場上のトリウミ・プラザにある25〜30のテントが張られた大規模なテント村で暮らしていたが、半年前まではこのようなテントはなかったという。1〜2月にかけてパンデミックのため自宅待機していた経営者やビジネスマンらは、小東京を救うことを使命としていたハワード・トリウミ牧師の名を冠したプラザがテントやシートで埋め尽くされているのを見てショックを受けた。駐車場のスタッフによると、ここに車を停める人は減っているそうだ。