Posted inコミュニティー

日系人を描いた声劇を発売:「フォー・アス・オール」と「ノー・ノー・ボーイ」

 「LAシアターワークス(LATW)」が日系米国人の体験をテーマにした2本の声劇作品を発売する。作品はジーン・サカタ作の「フォー・アス・オール(For Us All)」と、ジョン・オカダの小説をケン・ナラサキが脚色した「ノー・ノー・ボーイ(No-No Boy)」。いずれも州立図書館の「カリフォルニア・シビル・リバティーズ・パブリック・エデュケーション・プログラム」助成金を受けている。