ウォーク・オブ・フェームの殿堂入りを果たしたアジア系4人。左からジェームズ・ホン、ミンナ・ウェン、ジェイソン・モモア、アップル・デ・アップ
 ほとんどの俳優や女優は映画やテレビの世界は競争の激しい業界であることを認識している。その中で、俳優兼プロデューサーのダニエル・デイ・キムは、業界のルールに挑戦し、仲間のベテラン俳優が正当な評価を得ることを求めて尽力している。

俳優兼プロデューサーのダニエル・デイ・キム
 先駆的なアジア系俳優のジェームズ・ホン(92)がハリウッドの「ウォーク・オブ・フェーム(名声の歩道)」の殿堂入りをまだ果たしていないことに気づいたキムは、それを実現することを決意した。
 昨年の8月3日、CNNニュースはジェームズ・ホンを取り上げ、1950年代半ばに俳優のキャリアを開始し、これまでに700本以上のテレビ番組や映画に出演したホンは、世界歴代で最も出演クレジットが多い俳優だと紹介した。この放送に触発されて、キムは2日後にジェームズ・ホンを殿堂入りさせるためのGoFundMeキャンペーンを開始し、ハリウッド商工会議所が要求する5万ドルの手数料を集めた。キャンペーンはわずか4日間で5万5307ドルを生み出したのである。
 今週初め、ハリウッド商工会議所はジェームズ・ホンが2022年の「ウォーク・オブ・フェーム」の受賞者に選ばれたことを発表した。俳優のみならずABCのテレビドラマシリーズ「グッドドクター」のエグゼクティブプロデューサーでもあるキムは、ジェームズ・ホンの殿堂入りを聞いて「大変にうれしい」とコメントし、キャンペーンに寄付したすべての人に感謝した。
 2020年の受賞者には他にも、アジア系芸能人としてミンナ・ウェン、ジェイソン・モモア、人種混合の音楽グループ「ブラック・アイド・ピーズ」のフィリピン人メンバーとして知られるアップル・デ・アップの3人が選ばれた。これは、2022年がアジア系米国人パフォーマーにとって「ウォーク・オブ・フェーム」の旗印となる年になることを示している。
 これまで、「ウォーク・オブ・フェーム」初年度の1960年11月にロサンゼルス市が早川雪洲、サブ、アナ・メイ・ウォンに受賞をささげたものの、その後の61年間で星を受賞して歩道に敷設されたアジア系スターは、2697人のうちわずか12人である。
 フィリップ・アン(1984)、ジョージ・タケイ(1986)、キー・ルーク(1990)、ブルース・リー(1993)、マコ(1994)、パット・モリタ(1994)、ジャッキー・チェン(2002)、キアヌ・リーブス(2005)、ベン・キングズレー(2010)、三船敏郎(2016)、ルーシー・リウ(2019)。加えてゴジラ(2004)である。 【訳=長井智子】
俳優兼プロデューサーのダニエル・デイ・キムが主導したジェームズ・ホンを殿堂入りさせるためのGoFundMeキャンペーン。目標の5万ドルをわずか4日間で集めた

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。