Posted inJapaneseアートコミュニティー

アートコンプレックス全焼:ケント・ヨシムラさんら被害

 6月8日未明に発生した火災は、築100年のビルを炎で覆い尽くし、事件から1週間経った今も、焼け跡は焦げ臭いにおいと灰に包まれている。ビルの2階には、地元のアーティストが作品を制作するスタジオ「小東京アートコンプレックス(LTAC)」があり、何人ものアーティストが被害に遭った。「スタジオは、多くのアーティストが集う手頃な制作の場であり、カルチャーが生まれる場でもあった。それが火事で全焼してしまいこれからどうなっていくのか分からない」と話すのはケント・ヨシムラさん。名古屋で生まれロサンゼルスで育ったヨシムラさんもLTACのアーティストの1人である。