期間限定オープンする「MISE(店)」

 日米文化会館(JACCC)は28日(土)、29日(日)午前11時から午後5時まで、新潟県産のキッチン用品や食器、そして園芸用具などを取りそろえた専門店「MISE(店)」を限定オープンする。
 同店は、館内のプラザ階にある「渡邉利三エキシビションセンター」のオープンに合わせて開催される主要イベント。パトリシア・ワイアット館長と料理芸術ディレクターのジェーン・マツモトさんが日本を訪れ職人たちと交流し、このイベントを企画した。「MISE」では、新潟県燕三条産のキッチン用品やパントリー用品、食器、園芸用具などを展示する他、店頭やオンラインで職人手作りの製品を販売する。

イベントを企画したJACCCのパトリシア・ワイアット館長(右)と料理芸術ディレクターのジェーン・マツモトさん

 両日ともに開催する数々のワークショップは、世界的に有名な包丁職人の日野浦司さんが講師を務める「包丁研ぎ」でスタートする。日野浦刃物工房の歴史は1905年まで遡り、同社の包丁は3代目と4代目の日野浦鍛冶職人による手作りでプロの料理人にも愛用者が多く、オーダーメイドの場合は3〜7年ほど待つと言われている。
 「包丁研ぎ」ワークショップはすでに完売しているが、その他のイベントにはまだ若干の余裕がある。
 ・日本園芸用品セミナー「Japanese Gardening Tools for the American Yard」
 28日(土)、29日(日)午前11時
 リエコ・アサノさんが日本の伝統的な園芸用具の実用的な使い方を実演する。各回10ドル。
 ・新潟銘酒試飲会「Niigata Specialty Sake Tasting」
  28日(土)のみ。午後1時、2時、3時、4時
 伝統的な手作りの酒造りにおいて芸術と科学的革新の融合で知られる新潟の酒匠、越後杜氏が厳選する6種類の酒を試飲できる。参加は21歳以上で有効な身分証明書の提示が必要。各回40ドル。
 ・おにぎり新調理法「Delightful Rice Balls(Onigiri)」  
 28日(土)、29日(日)午後1時
 燕三条に本社を置き、天然高級出汁を製造するOn the Umami社の材料を使い、日本食の定番であるおにぎりの新しい調理法を学ぶ。各回10ドル。
 詳細とイベント参加申し込みはウェブサイト—
 https://jaccc.org/events/tsubamesanjo-artisan-fair/

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です