Posted in ニュースFeatured

敬老シニアヘルスケア:ショーン三宅氏の引退【下】

【上】はこちらから ◎ 売却後も続く「不透明性」  敬老は4施設が売却されて5カ月がたった今でも、具体的な将来ビジョンや、4100万ドルの売上金の使い道などについて十分に示せていない。  さらには、売却時に州司法長官が設置を義務づけた「コミュニティー諮問委員会(コミュニティー・アドバイザリー・ボード=CAB)」が機能していないだけでなく、極めて不可解な動きさえ見せている。