ターン1でギャリー・チャペス(左)を抜き17位に浮上する佐藤琢磨
 インディカー・シリーズ第3戦、第44回トヨタグランプリ決勝が15日、ロングビーチの市街地コース(1周1・968マイル、計85周)で行われ、ポールポジションからスタートしたアレキサンダー・ロッシが通算3勝目を挙げた。

ポール・トゥー・フィニッシュを決めたアレキサンダー・ロッシ
 昨年インディ500を制した佐藤琢磨は接触によりピット作業を要したのが響き21位に終わった。2位にはウィル・パワー、3位にはエド・ジョーンズが続いた。
 佐藤はレースに向けて「グリッドは、できるだけ前の方にいたい」と予選に臨んだが思わぬ22番手のスタート。そのため決勝は、セッティングを変え「オーバーテイクができるエキサイティングなレースにできるようにした」という。ダウンフォースを減らす狙いは当り、直線スピードが乗るターン1で、おもしろいように追い抜きを披露した。
一台一台抜き、順調に順位を上げる佐藤琢磨
 周を重ねる毎に前の車を追いつめ一台一台抜き、順調に順位を上げる。レース中盤までに一時6番手まで上がる勢いを見せた。だが、前を走る5番手ライアン・ハンター―レイと第5コーナーでホイール同士が接触。バランスを乱しスライドしたライアン・ハンター―レイが、ラインに戻ってきたといい、佐藤は「後から攻めてくる車がいたので、避けるのは難しかった」と述べた。ピットインし、サスペンションアームの修復に10周近いロスで大きく順位を下げた。
 佐藤は「あのまま走れていれば、表彰台も狙えたペースだったので、とても残念だった。(接触までは)うまく1台ずつ抜けて、力強いレースができたので、次に臨みたい」と、気持ちを切り替えた。
ハンター―レイと接触し、ピットインでの修復作業を終え、疾走する佐藤琢磨

Leave a comment

Your email address will not be published.