Posted inコミュニティー

加州公衆衛生局が却下:パシフィカ社の入居者転居計画

 パシフィカ社がカリフォルニア州公衆衛生局(以下CDPH)に提出した、ボイルハイツの高齢者施設さくらガーデンズ中間看護施設(以下ICF)の入居者を転居させる計画書が、このたび当局により「修正が必要」として却下された。「トランジション・プラン(Transition Plan)」と呼ばれるこの計画書は、ICF管理者のビバリー・イトウさんが同社を代表して3月29日に提出したもので、記載では5月30日から計画を実施するとされていた。