5日(木)午前10時に、コミュニティーの重要なランドマークとして知られるボイルハイツの「ニシヤマ邸/お富さんレストラン」を歴史的文化建造物指定として推薦するかどうかを決定する文化遺産委員会の投票会議が開催される。
 「お富さん」は、この地域に残る最後の和食堂であり、またロサンゼルスで最も古くから営業を続けている日本食レストランの一つであると言われている。

歴史的文化建造物指定が検討されている建物の外観(写真=マリオ・レイエス)

 この物件はクイーン・アン様式と呼ばれる18世紀イギリスのアン女王期に流行したスタイルで建てられた平家の住宅兼商業用建物で、ボイルハイツに移住した初期の日系人の定住パターンと、1920年代の東1街の路面電車開発の関連性に重要な意味合いを持つという。
 2020年5月、ボイルハイツ・コミュニティー・パートナーズなどにより同物件の歴史的文化建造物指定推薦書が提出されており、同年11月5日に、文化遺産委員会は「ニシヤマ邸/お富さんレストラン」の推薦を検討することを決議している。
 投票の様子は、電話213・621・2489または818・904・9450で聴くことが可能。また「Zoom」でも視聴できる。

 https://planning-lacity-org.zoom.us/j/84543963634。ミーティングID845・4396・3634。パスワードは119221。
 会議に参加し意見を述べたい場合は、先のリンクにアクセスするか電話213・338・8477または669・900・9128にかけ、会議ID番号845・4396・3634を使用し♯を押す。参加者IDの入力を求められた場合は、もう一度♯を押す。パスワードは119221。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。