旭日小綬章受章するデイビッド・オノ氏(左)と旭日双光章が授与されるブライアン・タケダ氏

 日本政府は11月3日付で、令和3年(2021年)秋の叙勲受章者を発表した。在ロサンゼルス日本総領事館管轄区域関係者では、ロサンゼルス在住でKABC—TV(ABC7)イブニングショー「アイウィットネス」アンカー、ジャーナリストのデイビッド・オノ氏に旭日小綬章を、ラバーン在住の日系フェデレーション会長、元パサデナ日系文化協会会長のブライアン・タケダ氏には旭日双光章がそれぞれ授与される。オノ氏は米国における対日理解の促進に寄与し、タケダ氏は米国における日本文化の紹介および日米間の友好親善に貢献したが認められた。両受章者の対日功績を紹介する。

デイビッド・オノ氏(58)
【旭日小綬章】

 南カリフォルニアで最も高い視聴率を持つABC7ニュース番組のアンカーであるデイビッド・オノ氏は、日本および日系米国人に関するさまざまな番組を制作、放映している。同氏の作品は、数多くの賞を受賞するなど高い評価を得ており、オノ氏はジャーナリストとして、多年にわたり米国における日本の理解促進に多大な貢献をしている。
 2010年、同氏は日系米国人兵の戦争体験を後世に伝えるゴー・フォー・ブローク全米教育センターの依頼で、第2次世界大戦中に、日系2世兵士らが自国である米国で差別を受けながらも、欧州で米国人として勇敢に戦った姿と彼らの活躍によって解放された現地の人々の感謝の声を伝えるドキュメンタリー「第2次世界大戦の知られざる戦士たち」を制作した。ABC7の同氏のニュース番組でも放映されたこのドキュメンタリーは、大きな反響を呼び、公共放送PBSネットワークを通じて全米に放映されるとともに、エミー賞3賞および卓越したニュース・報道番組に与えられるジャーナリズム業界で権威ある賞の一つであるエドワード・R・マロー賞を獲得した。
 オノ氏は、14年に、ワイオミング州ハートマウンテン近郊にあった日系米国人強制収容所で、当時密かに撮影された2千枚の写真をもとに、日系米国人の強制収容の歴史を伝えるドキュメンタリー「ハートマウンテンの遺産」を制作した。強制収容所での困難な生活の様子や、逆境の中で培われた精神力や友情を描いたこの作品は、エドワード・R・マロー賞を獲得した他、ABC7およびPBSネットワークを通じ全国放映され、強制収容の事実を広く全米に伝えた。さらに、15年にスミソニアン博物館の国立アメリカ歴史博物館で上映されるなど、ほとんど注意が向けられなかった強制収容の歴史を米国人に伝えることに貢献した。
 11年、東北の大惨事を知ったオノ氏は、直ちに渡日し日本の非常事態を全米へ中継した。同氏は、1年後に東北を取材し、傷跡が多く残る被災地の復興の様子とまだ被災地では支援が必要であるという現地の声をニュース番組を通じて報じた。21年のジャパン・ハウス ロサンゼルスと「Love to Nippon」の共催で開催された震災10年追悼オンライン行事では、モデレーターを務め、日本と同様に地震の多い南カリフォルニアにおいて、日本での教訓を生かすことの必要性を強調した。この追悼行事は、ABC7のウェブサイトでもライブ配信された。 
 また、同氏は、広島原爆投下70年と75年に、原爆の悲惨さと2度とこのような悲劇が繰り返されてはならないことを伝える映像番組を制作し、自身のニュース番組で報じた。これらの報道もエミー賞を獲得した。
 オノ氏は、アンカーとして忙しいスケジュールにもかかわらず、年間を通じて司会やスピーカーとして日本関連のイベントに数多く参加し、日系団体やコミュニティーの支援にも尽力している。

ブライアン・タケダ氏(66)
【旭日双光章】

 ブライアン・タケダ氏は、30年以上にわたり日系コミュニティーで活発に活動している。1986年からパサデナ日系文化協会に所属し、日本文化の紹介および日米の友好親善に多大な貢献をした。また96年には自ら日系フェデレーションを設立し、創設者として地域内の日系コミュニティーの連携・発展に寄与した。
 パサデナ日系文化協会では会長を4期、合計8年務め、会長としての任期中には弓道、太鼓、空手、いけばななど、日本文化を学ぶプログラムの拡充に尽力した。また、2016年には、パサデナ日系文化協会内にミライ日本語学院を設立し、自ら学院長に就任した。日本文化にかかわるアクティビティーを授業に組み込むなど工夫を凝らし、多くの生徒が長期にわたり学習を継続しており、日本文化および日本語の普及に貢献している。
 また、日系フェデレーションには、ロサンゼルス郡とオレンジ郡内にある17の日系関連団体が所属しており、同氏は有用な情報交換の場を積極的に設け、地域内の日系コミュニティーの連携・発展に貢献している。02年、同氏は日系フェデレーション内にリーダーシップスキル養成プログラム「ライジングスター・ユースリーダーシッププログラム」を立ち上げ、現在に至るまで毎年25人前後、累計で約350人の高校生が参加した。参加者は主に日系人で、ロサンゼルス地域内の日系コミュニティー内に重要なリーダーを輩出している。
 また、02年よりパサデナ市姉妹都市委員会三島市分科委員会の役員を務めている。01年の訪日時に当時の三島市長と会談し、自らの提案で「パサデナ・三島友情青年交流プログラム」を設立、以降20年にパンデミックの影響で休止になるまで、三島市とパサデナ市の青年を毎年交互に派遣する事業を主催した。このように、日米の若年層の交流の機会を長年にわたり創出し続け、日米の友好親善の促進に貢献している。
 09年から12年の期間には、米日カウンシルのプログラム・ディレクターとして活動した。11年の東日本大震災の被災地ではの寄付金募金活動に尽力し、最終的に米日カウンシルとして合計で1万ドルの寄付を集め、日本のNGOに寄付し、被災地支援に貢献した。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です